« 2016年12月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

Sibu

本日はサラワク州のBetongにステイ

2011年にWGIさんとインドネシアに行ったのですが
それ以来、こちらに来ることが無く、実に6年ぶりの東南アジア出張です。
なおマレーシアはD1の時にランビルの毎木調査を手伝った事があったので
二回目の滞在になりますが、あの時は何もかも一杯一杯だったなあ。
勝手にマレーシアとインドネシアはそれほど変わらない
と思っていましたが、やっぱり滞在してみると違いが少しずつわかってきます。
 
今回は、新しい研究プロジェクトを始めるための予備調査に来ています。
オイルパームプランテーションのGHGとC&Nの物質循環を把握するためのものです。
このプロジェクトでは、プランテーションだけでなくて
精油工場やその廃液ポンドまで含めた統合的なマテリアルフローの定量化を目指しています。
 
色々と手痛い(そして想定外)の失敗も多かったですが
(ポンドに流入する廃液の温度が70℃近くあったのですが、、溶存ガス用のサンプル採取のために手を(ラテックスグローブあり)突っ込んでしまったり。なるべく現場の状況を反映するために60℃台でなんとか作業を進めましたが、文字通り手が痛かった。。。)
少なくとも問題点の洗い出しはかなり出来ている気がします。
研究経験でもっとも熱いサンプルとなりました。
 
この熱いサンプルはガスを精製しているようで
気がついたら、クーラボックスの中でブチルゴム栓が破裂しそうなくらい
パンパンに膨れ上がってました。
なにが置きているのか検討がついていませんが
ひょっとしたら好熱性のメタン菌もいるのかも、など話をしてます
こんな人工的な場所に存在するのかは、皆目検討も着きませんが。
 
滞在はあと2日ですが
明日の夕方、クチンに戻って、明後日は帰るまで採取サンプルの分析をすすめます。
どうなることやらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

One Third

もうGWになってました。
一年も3分の1終わって、漸く今年のブログ更新とは、、、
今日は休みにしたけれど、来週のマレーシア出張の梱包のために出勤。
 
とにかく〆切りが続いてる。何時までたっても締まりきらない、なぜだ。
今現在も、査読の〆切を過ぎてしまったものを抱えてしまっている。
(すいません、、、)
Open discussionの査読は気を使うので
ついつい手を付けるのが遅くなりがちになりますね。と言い訳してみる
 
今年の前期を総括すると
・風邪(インフル含む)で倒れること数回
・学会あった
・全球施肥窒素論文通った
 (Galloway御大から直に問いあわせメールきた!もうこれで十分報われました。)
・6年経ちました(福島第一原発廃炉図鑑がようやく来ました)
・新譜良作多い(Ralph Towner, Shai Maestro, Haushca, Laetitia Sadier Source Ensemble(まんまStereolabでした))
 
ここ最近、新しいことに対する勉強もあまり出来ていない。
なんとかしないと。
ここも、もう少しマメに更新しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年6月 »